Event

kata kata 受注会を開催いたします。

【概要】
kata kataでは、全国の小売店様へ卸販売を行っております。
今回は実店舗をお持ちの小売店様を対象とした受注会です。

開催日: 2021 年 10月 11日 15:00分から 
最短15分〜最長30分ほどの予定 
開催地: オンライン 

COVID-19の影響で、日本各地へ赴いての対面販売が出来ずに2年が過ぎました。
オンラインショップでも商品はご購入いただけますが、やはり手にとって商品をご覧いただくことが私たちの本望です。すこし無謀な挑戦かと思いますが、47都道府県*すべてにお取扱店を持つ事を一つの大きな目標としています。10月11日に今年一年間でkata kataが制作した新作商品と、既存商品をご紹介するオンライン受注会を計画しております。この機会に、是非日本各地の素敵なお店にkat kata商品のお取り扱いをご検討いただけますと幸いです。

ご興味ございましたらこちらのフォームにてお申し込みください。

*今回は実店舗をお持ちの小売店様を対象とした受注会となります。
オンラインショップへの卸販売は現在検討しておりませんので、ご了承ください。

*後日既存の小売店様との商圏被りがないか等確認させていただきます。



手紙舎+kata kata+高旗将雄フェア at 森のホール


●手紙社のカラフルな紙雑貨を展開!
手紙社がイラストレーターやデザイナーとタッグを組んで制作した、オリジナルの紙・布雑貨から、マスキングテープ、メモ帳、はんこ、ハンカチなど、ワクワクを詰め込んでお届けします。高旗将雄さんとコラボ制作した「北海道おちょこガチャ」もご用意しますよ!

●イラストレーター・高旗将雄の北海道愛に溢れたグッズの数々!

神奈川県を拠点としながら、北海道と木彫りのクマをこよなく愛するイラストレーター。書籍の装画やアパレルブランドのTシャツデザインなどで活動する一方で、自らデザインしたグッズも制作。日付印や活版カードは文具ファンの心を魅了します。シルクスクリーンの原画も展示・販売いたします。

kata kataデザインの手ぬぐいや布小物をお届け!
東京・調布市にアトリエを構え、型染めの技法をベースに、テキスタイルや布雑貨、紙雑貨など幅広く展開するkata kata。生き物たちをユーモラスに表情豊かに描き、それを使う人の気持ちまでも元気にさせてくれます。そんなkata kataデザインの手ぬぐいやハンカチ、バッグ、紙雑貨などをご用意します!


【手紙舎+kata kata+高旗将雄フェア at 森のホール 】
[期間] 2021年9月4日〜10月31日
[会場] 北海道 川上郡弟子屈町川湯駅前2-1-2
[TEL] 015-483-2906
[OPEN] 10:00~17:00
[CLOSE] 月・火曜日(水曜臨時休業あり)


マスクノイエ チャリティーイベント with CREATORS

マスクノイエ チャリティーイベント with CREATORS
に参加しています。

kata kataはアサリの家をテーマに和紙を染めました。

「アサリノイエ」
マスクノイエに住むあさりをイメージしました。よく見るとあさりのイエに居候するカクレガニもいます。小さな発見がマスクの下で小さな笑顔を誘います。

◯マスクノイエ チャリティーイベント with CREATORS
日程:2021年7月21日(水)~9月13日(月)
会場: 国立新美術館のミュージアムショップ B1 SFT
@thenationalartcentertokyo
@souvenirfromtokyo
@hconcept.jp

「マスクのある生活を、より快適に、もっと美しく、楽しく豊かに」というデザイナーGentaChieの思いから生まれ、2021年4月7日に発売された+d「マスクノイエ」。

そのまま置くと散らかって見えるマスクをきれいに保管・乾燥・収納でき、棚の上や壁に飾ったり、本棚にもすっきりと収めらるプロダクトです。

気持ちも沈みがちなマスク生活に、ちょっとした笑顔と心の安らぎを生み出したい。

そして先の見えない厳しい状況の中で社会全体を支え続ける医療従事者へ感謝を届けたい。

そんな思いから、アッシュコンセプトでは、+d「マスクノイエ」製品売上の一部とSNS投稿によるチャリティー金額を医療現場へ寄付する取り組みを行っています。

発売時より、チャリティーに賛同いただいたクリエイター10名による+d「マスクノイエ」を使用した作品の公開など、様々な展開をしてきました。

今回、SFT GALLERYでは、クリエイティブの力を通じて、その思いをさらに拡げることを目的に、SFTが新たに参加を呼び掛けた11組を加えた総勢21組による「マイマスクノイエ」作品を展示します。

彼らが新たに創りだした個性豊かなイエたち、どうぞこの機会にゆっくりとご覧ください。

https://koncent.net/masknoie/