新柄についての小噺

*ヨコメ便り(横目で作家2人の制作風景を見守る営業・広報担当者が不定期に綴ります。) 「たこ」(右下)一見すると正義感満載のたこが小さな魚を守るために勇敢に立ち回っている様ですが、実際は魚群に驚いてスミを吐き、自分の吐いたスミにも驚いてしまっているという場面です。 基本登場生物みんな焦った様子です。生きるって大変。 「たこ」をモチーフにした手ぬぐいは10年程前に一度制作しています (左下)。型紙がボロボロになり、長い間生産中止となっていました。同じ図案の型紙を彫り直すよりも、違うものを作りたい気持ちが勝るようです。kata kataにはそういった理由から、消えていった手ぬぐいが多くあります・・・。2021年の「たこ」は前作とは構成を変えたようです。まずはたこが吐き出したスミの彫り方を整理したことで、登場人物たちに目が向くようになりました。モチーフの動きが分かりやすくなったのは、赤・水色・紺を色のかたまりで配置したことにもありそうです。 型染めの工夫「つり」 型紙を彫るときに忘れてはいけないのが「つり」です。写真 (右上)の中のピンク色の線を「つり」と言います。これは型染めの制約の一つで互いに繋がらないカタチは型紙から抜け落ちてしまいます。「つり」にはカタチどうしを繋げ、位置を保つ重要な役割があります。それに「つり」を図案の中にうまく取り入れることで独特な表現がうまれるように思います。よく見ると小魚たちはみんな繋がっていますね! 「かば」 広い背中は居心地が良さそう。大きな声では公表していませんが、かばのお尻の周りを泳いでいる小魚は、かばの糞を楽しみに集まってきているそうです。以前どこかの川の底に溜まった大量のかばの糞が原因で魚が酸素不足に陥る危険がある、という記事を読みました。うまく循環して、幸せに共生して欲しいと願っています。 「糊置き」布の上に型紙を置き、糊(のり)をヘラで均一にのばします。ヘラで糊を伸ばす様子は、どことなくケーキをデコレートしているパティシエのようです。型紙をそっとはがし、カタチが鮮明に見えた時、色の構成を考える楽しみが本格的に*始まります。 *下絵の段階から色を考えているケースもありますが、実際に染色される部分・カタチが見え始めるこのタイミングで頭の中でさまざまな色の組み合わせを想像をしながら作業を進めていることが多いようです。 「わに」ここに描かれているわには1匹でしょうか、5匹でしょうか。 色の心理効果はデザインにおいて重要とよくいいます。kata kataの2人も毎作品大切に色を選んでいます。描かれた「ものがたり」を演出する方法の一つが「色」だからです。シーンに合う色、登場人物の性格に合う色、季節に合う色、部屋に飾りたくなる色、話し合いながら数パターンのサンプルを染めていきます。こげ茶色の「ワニ」はなんだか強そうです、今回は優しい雰囲気のオリーブ色が採用となりました。 「りす」おいしい色に染まったどんぐりをみて嬉しそうに走り回っているところです。 サンプルを染めるkata kataの手ぬぐいは、自分たちで染めたサンプルを元に注染の職人さんによって染められます。過去の色レシピを見返し、あの時は成功だった、あれはちょっとダメだった、今回はこんな挑戦をしてみよう、いや、やっぱりやめよう、と堂々巡りすることが多々あります。理由は注染特有の「差しわけ」にあります。異なる色を染める場合、色ごとに糊で土手を作り、その部分に染料を注ぎます。(→参照)染料を同時に注ぐ事で「ぼかし」や「にじみ」の表現が可能となるのですが、この際に混ざる染料の色や相性にとても気を使います。kata kataの色レシピには15年に渡って試行錯誤して集めた色のデータが書かれています。新しい色の組み合わせは完成品を見るまでドキドキするようです。試行錯誤は続いています。 サンプルを元に注染の職人さんによって染められた手ぬぐいです。包みを解く瞬間はこちらまでドキドキします。 新作手ぬぐいはkata kataオンラインショップにて販売中です。ぜひご覧ください。 文:高井睦

kata kata 新作のご紹介

10月20日以降オンラインショップにて販売開始予定 帯のデザインにも是非ご注目ください。草原でお腹いっぱいに草を頬張るうしの姿を描きました。 「新作」kata kataの2021年カレンダーが染め上がりました。 A2サイズのポスターカレンダーです。 雄大な山々に囲まれて、のびのびと生きる「うし」の姿を描きました。暮らしを支え合う優しい仲間たちとゆっくりていねいに生きています。ゆっくりしすぎて、いつしか牛が不動の山そのものにみえてきました。 サイズ : A2 420×594mm 素材 :紙 (竹はだ110kg)/印刷 価格:1200円(+税) 注染手ぬぐい「草原のうし」 10月20日以降オンラインショップにて販売開始予定 「新作」 干支手ぬぐい 草原のうしです。通常の緑色と、100枚限定の朱色がございます。 サイズ : 約350×900mm 素材 :綿114% 徳岡 技法 :注染 価格:1600円(+税) *注染には多くの工程があり、すべてを職人が手作業で行う為ひとつとして同じものは存在しません。 10月20日以降オンラインショップにて販売開始予定 来年の干支である「うし」のポストカードが出来上がりました。「うし」が草をかき分けて前に進んでいます。 隠しアイテムのムスカリの花には、「明るい未来」「通じ合う心」「寛大な愛」という花言葉がある反面、「絶望・失望・失意」という意味合いもあります。まさに、「色々あった今年から、次に進もう!前向きに行こう!」というメッセージを集約した様な花なのです。「乗り越えた先にある希望」を期待しつつ仕上げました。あくまでも隠しアイテムですのでさりげなく足元に咲かせました。 サイズ: W.148 × H.100mm 素材:紙 印刷 価格:150円(+税) 原画は型染めにより製作されたものですが、こちらの商品は印刷です。 10月20日以降オンラインショップにて販売開始予定 「新作」ねこの家族が暖かい日差しの元、ふわふわ の原っぱでじゃれて転げて楽しそうです。 サイズ : 約350×900mm 素材 :綿106% 徳岡 技法 :注染価格:1600円(+税) Mini 型抜きカード オンラインショップにて販売中 サイズ:…

くたびれた手ぬぐい

kata kataが手ぬぐいを作り始めて15年以上が経ちました。私たちがクタクタになるまで使い続けてきた手ぬぐいは、長年の洗濯で揉まれてだいぶ色褪せてきました。生地も柔らかくなり、肌触りがとても良くなっています。畳んで引き出しに入れてあるくたびれた手ぬぐいを見ていると、私たちの暮らしの歴史が見えてきて少し誇らしく思います。手ぬぐいを使う暮らしというのは、自然と使い捨ての習慣が少なくなります。自然と丁寧に暮らせる様になるのが、手ぬぐいのある暮らしだと思います。最近になって環境保全について強く論じられる様になってきました。大きいことは言えませんが、とにかく持続して手ぬぐいを使っていこうと思っています。 *色褪せは何年もの洗濯の歴史です。ご購入後すぐに色褪せする事はございませんのでご安心下さい。 kata kata has been making Tenugui for over 15 years. Tenugui that we keep in our kitchen drawers are so worn out and the color got faded over many years of washing. The cotton fabric became softer and feels better. Looking at those worn-out Tenugui, We feel a little proud of our…

About Chusen

Tenugui was used as a washcloth or dishcloth since Heian Period (AD 794-1192). Today’s Chusen dyeing technique was developed in the Meji era (1868-1912). Tenugui are dyed by hand, resulting in slightly inconsistency in the color and can enjoy the Blur technique depends on the design pattern. The design permeates the fabric, so that it…

About Katazome

型染めは日本の伝統的な染色技法で、 染め上がるまでには多くの工程を必要とします。 Katazome is the Japanese traditional method of dyeing fabrics. It has many delicate process from the start to finish. kata kata は全ての工程、下絵のデザインから 染め上がりまで一貫して手仕事により行っています。 The design for the stencil is traced onto Shibugami tannin paper. The stencil is then cut out of the Shibugami paper. Shibugami: The paper made of layered washi paper that…