くたびれた手ぬぐい

kata kataが手ぬぐいを作り始めて15年以上が経ちました。私たちがクタクタになるまで使い続けてきた手ぬぐいは、長年の洗濯で揉まれてだいぶ色褪せてきました。生地も柔らかくなり、肌触りがとても良くなっています。畳んで引き出しに入れてあるくたびれた手ぬぐいを見ていると、私たちの暮らしの歴史が見えてきて少し誇らしく思います。手ぬぐいを使う暮らしというのは、自然と使い捨ての習慣が少なくなります。自然と丁寧に暮らせる様になるのが、手ぬぐいのある暮らしだと思います。最近になって環境保全について強く論じられる様になってきました。大きいことは言えませんが、とにかく持続して手ぬぐいを使っていこうと思っています。 *色褪せは何年もの洗濯の歴史です。ご購入後すぐに色褪せする事はございませんのでご安心下さい。 kata kata has been making Tenugui for over 15 years. Tenugui that we keep in our kitchen drawers are so worn out and the color got faded over many years of washing. The cotton fabric became softer and feels better. Looking at those worn-out Tenugui, We feel a little proud of our…

About Chusen

Tenugui was used as a washcloth or dishcloth since Heian Period (AD 794-1192). Today’s Chusen dyeing technique was developed in the Meji era (1868-1912). Tenugui are dyed by hand, resulting in slightly inconsistency in the color and can enjoy the Blur technique depends on the design pattern. The design permeates the fabric, so that it…

About Katazome

型染めは日本の伝統的な染色技法で、 染め上がるまでには多くの工程を必要とします。 Katazome is the Japanese traditional method of dyeing fabrics. It has many delicate process from the start to finish. kata kata は全ての工程、下絵のデザインから 染め上がりまで一貫して手仕事により行っています。 The design for the stencil is traced onto Shibugami tannin paper. The stencil is then cut out of the Shibugami paper. Shibugami: The paper made of layered washi paper that…