型染めとは of kata kata

型染めとは

型染めは日本の伝統的な染色技法で、
染め上がるまでには多くの工程を必要とします。
kata kata は全ての工程、下絵のデザインから
染め上がりまで一貫して手仕事により行っています。簡単に型染めの工程を紹介します。

型彫り.JPG
⑴型彫り 
下絵を*渋紙(しぶがみ)に貼り、刀(とう)で模様を切り抜きます。

渋紙:和紙に柿渋をぬり何枚か張り重ねた型紙用の和紙。水に強い

⑵紗張り
模様を切り抜いた型に、補強のためカシューで紗(しゃ)を張ります。型紙の完成です。
IMG_2658.jpg
⑶型置き
布の上に型がみを置き糊(のり)をヘラで均一にのばします。型をそっとはがし、模様が繰り返しになるように型紙をまた布に置きます。この作業を何回か行うことによってパターンのある布になります。

IMG_0623.JPG
糊置きが終わったら、張り手(はりて)と伸子(しんし)を使い布を干します。

IMG_2667.JPG

糊:もち粉と米ぬかから作られるペースト状の染色用糊。



IMG_2687.JPG

IMG_1745.JPG
⑷染色・刷毛染め
糊が乾いたら刷毛でふのりを塗ります。ふのりが乾いたら染料を刷毛でぬります。 糊がのっている部分は色が入らず染まりません。地色を染めたらぼかしを入れて模様に表情をくわえます。

ふのり:海藻。ふのりを煮とかした物を布に塗ったり、染料に入れにじみを防ぐ。

⑸蒸す
染料が乾いたら、色止めをし、蒸し機で30分ほど蒸し、色を定着させます。

IMG_2021.jpg
⑸洗い・完成
水の中で糊を落とします。一晩水につけておくことによって、糊がふやけ簡単に落ちるようになります。糊を完全に洗い落としたら、ふたたび、張り手を使い布を干し、乾いたら完成です。

DSC00081 のコピー.JPG
型染めは天気にとても左右されやすいものです。雨の日は糊が乾きにくく、乾燥しすぎると糊が割れてしまいます。その日の天気をみながら、工夫を加え行う作業は、もどかしくもありますが、私たちに季節を感じさせ、模様を考えるときの大きな助けにもなっています。

about katazome

1)katazome is the japanese traditional method of dying fabrics using resist paste applied through a stencil .pigment is added by hand-painting using hake (brush).dyes are usually only applied from one side of the fabric.